2013年 年末です

気がつけば12月28日

5月からサッパリ更新せず、年末を迎えてしまいましたが

皆様お元気でお過ごしでしょうか?


来る2014年1月1日は新月、

新しい太陽がのぼり新しい月になる来年の1月1日

初夢も縁起よくHAPPYな始まりの年になることをお祈り申し上げます。


さて、もうすでに

納品・お打ち合わせにお伺いさせて頂くお客様の中には

チラチラとお見かけの方もいらっしゃるかもしれませんが

今年の冬、弊社ロゴ入りウィンドブレーカーが出来上がりました。

It_windbrakar_2

It_windbrakar2


実際、初夏頃には出来上がっていたのですが

この2013年の酷暑の中では着る機会少なく、

「ロッカーの肥やし」の状態だったのですが

寒くなった今は、社内・社外で大活躍しております。


ちなみに、背中のアイティロゴキャラクターは

見る方によって諸説ある〜ようですが

「くま」です。

くま◯ンよりずっと前からアイティ印刷を見守ってくれています。



2014年もこのウィンドブレーカーを着て

社員一同、東奔西走して参りますので

何卒お引き立ての程よろしくお願い申し上げます。


皆様方の益々のご繁栄と幸せを心よりお祈り致し、

年末のご挨拶とさせて頂きます。

良いお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご無沙汰しております。延ばし延ばした青色の話。

2013年もすでに1/3以上過ぎてしまった今日この頃、

今年は寒さ・暑さが定まらず、いつもと違う雰囲気の
5月GW明けの火曜日、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

昨年の記事
の続きを、ようやく披露致します。
さて、綺麗に撮れたアジサイの写真
画面上で色鮮やかに映しだされたその姿が
印刷で同じ色を出そうとすると難しい...というところでお話止まっておりました。
なぜ、「画面と印刷物、全く同じ色に見せるのが難しいか」というと
画面で表現できる色=光の三原色
印刷で表現できる色=色材の三原色
表現できる色が違うからなんです。
まずはこちら、三原色の違いを
表した表です。
Photo_2
印刷は図工の時の絵の具と同じように
インクを使うことで色材の三原色で
色を表現していきます。
パソコンの画面やテレビなどは
電気信号を光に変えて映し出しているので
右の光の三原色で色を表しています。

今、皆様が見えているこの画面は
光の三原色で色を表現しているのですが
上の図を「色材の三原色」で見えるように
数値変換して表したものがこちら。

Cmyk
「色が暗くなる」性質から
どうしても濃く暗いいろ表現に変換されてしまうのです。。
これが「色が違う〜ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ」の原因なんです。
特に最近は校正をPDF等デジタル上でのみ行うことも多く
思い違いの原因にもなっています。

例えば下の例のような
鮮やかに見えた水玉模様も印刷すると下のようなくすんだトーンに仕上がってしまうことも多々あります。
ですので印刷を頼まれる場合は、一度プリントアウトし色を確認することをオススメ致します。(但し写真印刷モード・写真向け用紙使用の場合はRGBにより近い色見で表現されます。写真印刷専門店ではない印刷所にて印刷を頼まれる場合は一度色表現をご確認ください。)
Photo_3
この問題を解消すべく
光の三原色により近い色を表現できるようなインクも開発され、
以前と比べるとだいぶその差も少なくなってきたように感じます。
とはいえ、もし、貴方が厳密に色にこだわるならば
どの方法でその作品を表現するのが一番ふさわしいかをまず考えてみて下さい。
また、印刷で表現する場合も
微妙な色を確認するための「色校正」を行ったり
光の三原色に近い色を表現できるインクを使用することが出来るかどうか
製作の時点で色の三原色(CMYK)を用いで作っていく〜等することで
よりイメージ通りのものが仕上がってきます。

たくさんのメディアがある昨今、
どのように表現するかを悩む時があるかもしれませんが
「印刷」という手法を思いついた際は
是非一度、アイティ印刷にご相談下さい。
皆様のお力になれれば幸いです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 年末です〜

アッという間の2012年12月

色の話も止まったまま、ブログ更新できずに
年末営業日を迎えてしましました...
皆様におかれましては
益々のご盛栄のこととお慶び申し上げます。
来年に持ち越しの色のお話、
もうしばらくお待ち下さいませm(_ _)m
サイトの方に記載致しましたが、
本年の弊社の営業日は
本日2012年12月28日(金)までとなっております。
年明け営業日は
2013年1月7日(月)からとなっております。
期間中ご迷惑をおかけいたしますが
何卒ご了承のほどお願い申しあげます。
来る2013年が
明るさと希望の光に満ちた年になるよう
心よりお祈り申し上げます
どうぞ 良いお年をお過ごしくださいませ
アイティ印刷 社員一同

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラの世界へようこそ

子ども達の元気な声が少し控えめになったなぁ〜と思っていたら
もう夏休みの時期。

ランドセルではなく、プールバッグを持った子ども達が
保護者と共にウキウキと学校に向かっている今日この頃。

先日、お仕事の打ち合わせで
大阪市内にある「HIKARIカメラ」さんにお邪魔致しました。

見て下さい。



Leica_camera


写真家さんや、カメラを愛する方にとって名品と名高い
「Leica」のフィルムカメラです。
その昔、中古の家と同じ値段だった名品中の名品が
このHIKARIカメラさんにはたくさん揃っておりました。

最近では、現像できるところが少なくなり、
デジカメ中心の世の中となっていますが、
オートフォーカスとは違う“真の写真に対する情熱”が問われるフィルムカメラの世界。

デジタル一眼レフを使用されている方でも
レンズのみ購入し、より美しく繊細な写真を楽しまれている〜とのお話も聞く事が出来ました。

ひと昔前に比べるとその名前を聞く機会は減っていますが
今でもデジタル一眼レフ用にLeicaのレンズを純正としてラインナップしている日本企業あるほどの、すばらしい製品です。


ご興味のある方はぜひ、HIKARIカメラさんにお問い合わせ下さい。

そう、そして前回のブログで途中まで記載した「色」のお話。


青い空、碧い海、光輝く夏の風景を
デジカメで納め、パソコンでチェックした時
「ああ、なんてキレイ〜」
と見惚れたにも関わらず、

いざ、自宅のプリンターで出力すると
なんだか暗く、輝く雰囲気が出ていない、ちょっと残念な写真になってしまった。。

そんなことはありませんか?

その原因は〜

長くなってしまったのでまた次回。

次こそ必ず、色のお話をさせていただきます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の7月、七色アジサイ 〜青色マジック〜

気がつけば6月が嵐の様に過ぎ去り、
7月も半ばを迎える今日この頃。

そろそろ朝顔の季節だというのに
まだアジサイがキレイに咲いています。

Azisai_2


アジサイはこの全てが花の様に見えますが、
実際には「額」なんです。
シアン20%マゼンダ50%に少しイエローを混ぜたようなヒラヒラの紫のものが「額」で
メインの「花」はシアン40%マゼンダ20%のような薄いブルーのシュッとした花びら部分なんです。

まだ、まん丸い薄いブルーなものはつぼみの状態。


暑さが本格化する前に
色とりどりのきれいな花を楽しませてくれるアジサイ。

ただ、このアジサイも印刷で表そうとすると、
上に示した、インク色の割合では
なかなか写真とピッタリ同じような色を出すのは難しいんですよね。。


なぜかというと…

それはまた次回、色のお話で。


それでは、皆様、良い週末をお過ごし下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2012年GWの営業のお知らせ