« 2012年 年末です〜 | トップページ | 2013年 年末です »

ご無沙汰しております。延ばし延ばした青色の話。

2013年もすでに1/3以上過ぎてしまった今日この頃、

今年は寒さ・暑さが定まらず、いつもと違う雰囲気の
5月GW明けの火曜日、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

昨年の記事
の続きを、ようやく披露致します。
さて、綺麗に撮れたアジサイの写真
画面上で色鮮やかに映しだされたその姿が
印刷で同じ色を出そうとすると難しい...というところでお話止まっておりました。
なぜ、「画面と印刷物、全く同じ色に見せるのが難しいか」というと
画面で表現できる色=光の三原色
印刷で表現できる色=色材の三原色
表現できる色が違うからなんです。
まずはこちら、三原色の違いを
表した表です。
Photo_2
印刷は図工の時の絵の具と同じように
インクを使うことで色材の三原色で
色を表現していきます。
パソコンの画面やテレビなどは
電気信号を光に変えて映し出しているので
右の光の三原色で色を表しています。

今、皆様が見えているこの画面は
光の三原色で色を表現しているのですが
上の図を「色材の三原色」で見えるように
数値変換して表したものがこちら。

Cmyk
「色が暗くなる」性質から
どうしても濃く暗いいろ表現に変換されてしまうのです。。
これが「色が違う〜ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ」の原因なんです。
特に最近は校正をPDF等デジタル上でのみ行うことも多く
思い違いの原因にもなっています。

例えば下の例のような
鮮やかに見えた水玉模様も印刷すると下のようなくすんだトーンに仕上がってしまうことも多々あります。
ですので印刷を頼まれる場合は、一度プリントアウトし色を確認することをオススメ致します。(但し写真印刷モード・写真向け用紙使用の場合はRGBにより近い色見で表現されます。写真印刷専門店ではない印刷所にて印刷を頼まれる場合は一度色表現をご確認ください。)
Photo_3
この問題を解消すべく
光の三原色により近い色を表現できるようなインクも開発され、
以前と比べるとだいぶその差も少なくなってきたように感じます。
とはいえ、もし、貴方が厳密に色にこだわるならば
どの方法でその作品を表現するのが一番ふさわしいかをまず考えてみて下さい。
また、印刷で表現する場合も
微妙な色を確認するための「色校正」を行ったり
光の三原色に近い色を表現できるインクを使用することが出来るかどうか
製作の時点で色の三原色(CMYK)を用いで作っていく〜等することで
よりイメージ通りのものが仕上がってきます。

たくさんのメディアがある昨今、
どのように表現するかを悩む時があるかもしれませんが
「印刷」という手法を思いついた際は
是非一度、アイティ印刷にご相談下さい。
皆様のお力になれれば幸いです☆

|

« 2012年 年末です〜 | トップページ | 2013年 年末です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1083075/51529029

この記事へのトラックバック一覧です: ご無沙汰しております。延ばし延ばした青色の話。:

« 2012年 年末です〜 | トップページ | 2013年 年末です »